水には、私たちの体を健康に保つための、さまざまな効果があります。十分な水分補給は、人の体にとって、なによりも大切なことです。そのためにおすすめしたいのが、安心でおいしい水を飲める水道直結型ウォーターサーバーです。

体のためになる水分補給とは?最適な補給量を解説

水分補給

人の体の約60%は水でできているので、適切な量の水分補給をすることは、私たちの体を健康に保つためにとても重要なことです。厚生労働省によると、体重60kgの大人の男性が日常的に汗や尿などから体の外に排出する水分は2.5リットルとされています。私たちの体は、排出した分だけの水分を補わなければうまく働かなくなってきます。

食事からとる水分量も入れる

ごはん

大人の男性の1日の水分排出量が約2.5リットルだとすると、個人差もありますが、男性よりは体の小さい女性は約2.0リットル前後といえるでしょう。といっても、約2.0リットル排出された水分を、全部水を飲むことで補わなければならないわけではありません。

水分は、食事からも摂取されています。その量が例えば約0.8リットルの場合は、水を飲む量は残りの1.2リットルとなり、食事のときの水分摂取が多い場合は水を飲む量は減らすことができます。

また、汗をかきやすい夏や、運動によって大量の汗をかいた場合などは、排出量が多くなっていると考えられるのでいつもより多く水分を補給する必要があります。この場合は、汗と一緒に塩分も排出されるので、それを補うためにスポーツドリンクでの水分補給をおすすめします。

一気に飲むのではなく、少しずつ分散して飲む

水をたくさん飲まないといけないと思って、1リットルのペットボトルで一気に飲むなど一度に大量の水を飲むと、かえって健康を阻害するおそれがあります。

健康のために効果がある飲み方は1日のうちに6回から7回ほど、分散して少しずつ飲むことです。汗をかくことが予想される入浴時や寝ているとき、運動するときなど、その前後に飲むことをおすすめします。

まとめ

十分な水分補給は、私たちの体を健康に保ってくれます。水分補給の際は体から排出された分を補う形で、一気に大量に飲むような飲み方ではなく、1日のうち何回かに分けて少しずつ飲んでいくのがおすすめです。