水には、私たちの体を健康に保つための、さまざまな効果があります。十分な水分補給は、人の体にとって、なによりも大切なことです。そのためにおすすめしたいのが、安心でおいしい水を飲める水道直結型ウォーターサーバーです。

更年期障害の症状を軽減させるためには硬水と海洋深層水が効果的

疲れた状態

女性は、閉経が近くなってくるとイライラやのぼせ、頭痛や疲労感などさまざまな辛い症状に悩まされることがあります。症状が重い場合は、医療機関に相談したほうがよいのですが、その前に、水を飲むことが、健康のためにも症状を軽減するのにも効果があるといわれているのです。

なぜ水がよいのか、健康のために効果的な飲み方はどのようなものなのか、ご紹介しましょう。

更年期障害とは

怒ってる女性

更年期障害は、閉経にともなって、女性ホルモンの分泌が急激に減少し、ホルモンバランスが崩れこることから起こります。一般的には45歳から55歳の女性に起こることが多いとされますが、個人差があり、30代から症状が出る人もいるのです。

更年期障害に水がいい理由

更年期障害では、ホルモンバランスの乱れから、細胞が刺激を受け、自律神経の調節がうまくいかなくなり、それによって頭痛やめまい、イライラやのぼせなど、さまざまな症状が現れます。

水には、細胞が受ける刺激を緩やかにする働きがあります。特に、イライラなどの神経症状には、カルシウムが効果的なので、ミネラルを豊富に含む、硬水や海洋深層水を飲むと、症状が軽減されることがあるのです。

効果的な飲み方

人の体は、60%以上が水でできているので、健康な体を保つためには、水を飲むことがとても大切になります。といっても、一度に大量の水を飲むのではなく、1日に何回かに分けて、少しずつゆっくり飲むのが効果的です。

入浴時や運動時など、汗をかいて水分を失ってしまうようなときの前後に飲むとよいでしょう。また、通常の睡眠時も、コップ一杯程度の汗をかくといわれているので、寝る前と、朝起きてすぐにも飲むとよいです。

まとめ

辛い更年期障害の症状を軽減させるためには、ミネラルを豊富に含んだ硬水や海洋深層水が効果的といわれています。症状が重い場合は、医療機関に相談することをおすすめしますが、健康のためにも水を飲むことを試してみてはいかがでしょうか。