水には、私たちの体を健康に保つための、さまざまな効果があります。十分な水分補給は、人の体にとって、なによりも大切なことです。そのためにおすすめしたいのが、安心でおいしい水を飲める水道直結型ウォーターサーバーです。

水分補給で便通改善!どのタイミングで水を飲むべき?

便通が改善するには、食物繊維が多くバランスのよい健康的な食事や、適度な運動などのほかに十分な水分補給も大切です。便の半分以上は水分でできているので、水分不足になると便が小さくなってしまい、出てきにくくなってしまうのです。どのような飲み方をしたら便通の改善に効果的なのでしょうか。

便と水との関係

食物繊維

お通じがよく健康的な便には、食物繊維や腸内細菌が多く含まれ、その8割が水分で形成されています。その水分が十分に含まれた便は、食物繊維と水分の働きで膨らみ量が増えてきます。便の大きさが大きいと大腸をうまく刺激することができ、排出もスムーズにいきます。

しかし水分が少ない便だと、大きさが縮んでしまって大腸が刺激されにくくなり、排便が促されなくなるのです。

水はどのタイミングで飲めば便秘改善に役立つのか

人が1日に摂取することが推奨される水の量は、2リットルといわれています。2リットルと聞くと多く感じますが、スープなどの食事に入っている水分まで含めてのことなので、それほど多いわけではありません。何かの合間などに水を一杯飲むように心がけたら、すぐに1日2リットルは摂取できるでしょう。

そして、便通の改善に効果的なタイミングは朝です。朝、目覚めたときにすぐに冷たい水を飲むと、胃が刺激され、その刺激が大腸の動きを良くして朝のお通じを促します。

朝、気持ちのいいお通じがあると、1日の始まりにスッキリできて体も軽くなります。ぜひ朝の一杯を実行するように心がけてください。

まとめ

便通の改善には、食物繊維や腸内環境の改善のほかに十分な水分補給も大切です。特に、朝目覚めたときに一杯の水を飲むことは効果的です。便秘に悩む方はぜひ朝、一杯の水を飲む習慣を心がけてください。