水には、私たちの体を健康に保つための、さまざまな効果があります。十分な水分補給は、人の体にとって、なによりも大切なことです。そのためにおすすめしたいのが、安心でおいしい水を飲める水道直結型ウォーターサーバーです。

水分補給で免疫力アップ!免疫力をアップさせる水の飲み方は?

水の入ったコップ

私たちの体は、その60%が水でできています。このため、十分に水分補給することは、健康のために大切なことです。

そして、体内に入った水は、血液の流れをよくし、白血球やリンパ球などの免疫細胞の動きをよくしてくれます。水は、私たちの体の免疫システムにとって、重要な役割を担っているのです。

がぶ飲みではダメ

がぶ飲み×

免疫力を上げるために、水をどんどん飲もうと、それまであまり水を飲んでいなかった人が、急にがぶ飲みしてしまうのは逆効果です。

日常的な水分補給を、それほど心がけていなかった人の体の状態は、血液の流れが悪く、さまざま機能がさびついたようになっています。

そこにいきなりがぶ飲みして、大量の水分が流れ込んでしまってもうまく循環しないのです。血液の流れは逆に悪くなり、結果的に免疫力も低下してしまいかねません。水も循環できず、体内にたまって、むくみとなったり冷え性の原因となったりします。

まずは、1日に何回かに分けて、コップ一杯の水をゆっくり少しずつ飲んでいくことが大切です。

免疫力アップには体を温めることも大事

免疫力アップのためにと、冷たい水ばかりを飲んでいると、体を冷やしてしまうことがあります。体温が下がると、消化機能や免疫力が低下してしまいます。

そうならないためには、冷たい水ではなく、白湯を飲むことをおすすめします。

白湯とは、沸騰させたお湯を、飲みやすい温度にぬるく冷ましたものですが、この白湯で体を内側から温めると、体温か上がり、免疫力や基礎代謝が上がることにもつながります。

免疫力アップのための白湯の飲み方は、以下のタイミングで飲むのが適切です。

  • 朝、起きたとき

  • お風呂に入る前

  • お風呂に入った後

  • 寝る前

どれも、汗などで水分が外に出ていってしまう前や後です。お風呂は分かりやすいでしょぅが、眠っている間も、意外に汗をかいているものです。

このように、1日4回のタイミングで、白湯を少しずつ、体を温めるように飲む飲み方で、免疫力がアップし、健康な体を手に入れることができます。

まとめ

免疫力アップのためには、1日2リットルの水分を摂取することと、体を温めることが大切なので、2リットルの水分のうちに、1日4回、コップ一杯の白湯を少しずつ飲むことで、効果があります。手軽にできることなので、健康のためにもぜひ実行してみてください。