水には、私たちの体を健康に保つための、さまざまな効果があります。十分な水分補給は、人の体にとって、なによりも大切なことです。そのためにおすすめしたいのが、安心でおいしい水を飲める水道直結型ウォーターサーバーです。

脳梗塞、心筋梗塞予防には「寝る前」「起きぬけ」に水を飲むのが重要

起きる女性

水を飲むことは、私たちの健康にとても大切なことで、特に脳梗塞や心筋梗塞を予防するためにも効果的です。そのための飲み方で大切なのは、「寝る前」と「起きぬけ」に一杯の水を飲むことです。それにはどのような理由があるのでしょうか。

人は睡眠中に汗をかく

眠っている男性

人間の体は、通常の健康的な睡眠中に、コップ一杯程度の量の汗をかくといわれています。夏場など汗をかきやすい時期は、もっと多くの汗をかくでしょう。

また、眠っている時は血圧が低くなるので、血流が悪くなり、血栓ができやすい状態にもなっているのです。そして、朝起きたときから血圧は高くなっていき、アドレナリンが分泌し始めます。このことが、血液が固まりやすくなる原因です。

それを予防するのが、「寝る前」と「起き抜け」の一杯の水です。また、高齢の方は、夜中にトイレに立つことも多いですが、その場合も、目が覚めたときにすぐ水分補給できるよう、枕元に水を置いておくとよいでしょう。

そして、水分補給の際に飲むのは、冷たい水よりは、ぬるめの白湯が適しています。

アルコールを飲む際は特に注意

水分が体から出ていく量の多くなる夏場は、脳梗塞のリスクも高くなりますが、その夏に気をつけたいのはアルコールの飲み方です。

暑いと冷たいビールを飲む機会も多くなりますが、アルコールは水分補給には向いていません。利尿作用があるので、逆に脱水症状を起こしてしまうことがあります。アルコールを飲むときには、飲み過ぎに注意し、最後に水を飲んでおくようにしましょう。

まとめ

私たちの体を健康に保ち、脳梗塞や心筋梗塞を予防するため、水分補給はとても大切なことです。特に、「寝る前」と「起き抜け」の一杯は重要なので、習慣にすることをおすすめします。